プロちゃんのZ@kki!

プロちゃんのZ@kki!

やったことを記録するの。

【だってあなたはプリンセス】Charlotte・Charlotte購入しました。

f:id:nezumitori:20190302092302p:plainf:id:nezumitori:20190302092314p:plain

f:id:nezumitori:20190302092327p:plainf:id:nezumitori:20190302092333p:plain

購入日が誕生日でした。

1週間ほど誕生日おめでとうコミュ見られるみたいですね。

 

シンデレラ新キャラがイベント連動のせいでイベント走る必要があり、デレステの放置編成なるものを試しているんですけど、これGrooveと相性悪いですね。介護しないと事故ります。なので書きながら回してます。ジュエル40消えたよ…。

本家に来てくれたら、すぐに終わったのにね。ホント音ゲ面倒です…。

 

ゲーム中 

 コンセプトは「双子のお姫様」ココ重要。

 

 事務所でネット麻雀する社長。

雪歩・琴葉・茄子・甘奈だと誰が強いんだろうなー

 

曲調から「お姫様」っぽい感じのユニット。正にPrですね。

 

りるきゃんで連載されそうな小鳥さん妄想。 

 

「お姫様講座」始まる。

講座を受けるだけでお姫様ユニットになれるらしい。私1人だけど素敵なお姫様ユニットになれるかしら。 

 

初手ゆきまこ。

雪歩の出番増えた…。嬉しい。近々MTGにも出そう。

 

 りるきゃんネタはしばらく続きそう。

 

最近、花粉症に効くらしい甜茶飲んでる。「甜」って字、結構レアだよね。

「甜花ちゃん」を略したら甜茶になるし、甜花ちゃんも花粉症に効くはず。アルストすごい。

 

学んだこと:お茶を飲めばお姫様力アップ。

 

推しを前にテンション上がる厄介エミリー。

貴音様からは立ち振舞いを学ぶ。

 

貴音様全肯定エミリー。

 

汎用性高そうなまつり姫。 

 

やはりアイドルとは…。 

 

亜美真美出るたびに焼肉太郎さんがよぎる。

 

学んだこと: 一緒にいること

 

美咲ちゃんは洋風ドレスが得意ジャンルらしい。

むしろ作れないものを教えてほしい。

 

彼は我。我は彼。と奥伝修得しそう。

前日譚ではミュゼ選んだ。

 

至った結果、シンクロする。

 

まつりイヤーは地獄耳。耳じゃない。

双子でも姉か妹かはあるのでは。亜美真美ってどっちが姉だっけー。

 

妹さんはこんな姉で苦労しているのだろうか。

 

お茶にしましょう。

雪歩から教わった教えは歌詞にも現れているから、「だってあなたはプリンセス」は実質雪歩曲。

 

鏡の中のシャーロット

 

これ好き。

 

オープニング

ドラマとかでなく衣装とか音楽の映像撮影らしい。MV的な?

亜美真美貴音を交えての脚本読み合わせからスタート。

物語の始まりはいつも「昔々あるところに〜」らしい。

本編

貴音以外の役が対応ができないから書き出す。

【プロちゃんのヒミツ①】

エミリーとまつりの聞き分けができないらしい。

(どっちの発言かわからない)

【プロちゃんのヒミツ②】

亜美と真美の聞き分けができないらしい

(どっちの発言かわからない)

【プロちゃんのヒミツ③】

貴音が来るのは予想外だったらしい

 

  • シャルロット→まつり
  • シャーロット→エミリー
  • ウエンズデイ(メイド1)→真美
  • フライデイ(メイド2)→亜美
  • 義母→貴音

 キャスト見直して思う。童話において「継母」だと悪役感出るけど、「義母」だとそうでもない。違いは知らん。あとシャルロットの表記ブレる。

 

シャルちゃんは病弱。鏡の前でおままごとするのがお好き。お母様(義母)とは仲が悪い。お父様はお仕事がお忙しいらしく、なかなか帰ってこないらしい。メイドはどっちがどっちかわからないので、いまいちわからない。そんな感じ。

お母様はいい人ですよ描写が入る。何故こんな早いタイミングかは後でわかった。

 

 すべての始まりは月明かりが明るい屋根裏部屋。ラストアクトレスのせいで屋根裏はなんか不穏ワード。

お母様の形見の鏡の前で、ティーセットを見つけて物語が始まる。同じ名前のシャルロットちゃんと出会います。紛らわしいのでシャーロットと名乗ることにします。ちなみにこの時点で、どっちがまつりでどっちがエミリーかわからなくなりました。

シャルロットは私よ?のセリフで「蒼穹の果て、私はここにいる。ヴォルトオブヘブン!」とか「あなたはそこにいますか?」とか変なこと考えちゃう。

 

翌朝、シャーロットちゃんのことを探すシャルちゃん。鏡の中にいるらしい。というかシャーロット自体がシャルロットなのでどこにでもいるらしい。こわいわ。

家庭学習中、シャルちゃんとシャーロットの声が重なる。こわいわ。

前編中はずっと恐怖を感じてることになりますね。

 

後編は、お父様が帰ってくるのでお花を摘みましょうという話。外出は禁じられているけど、お父様のためだもんね。とシャーロットちゃんに唆され…もとい、自分の意志で決めます。

外出。

すんなり外に出られるんですね。とりあえずお茶にしましょう。にへへ。

結局、外出バレて叱られます。そしてメイドたちの首がトビかけます。さらにシャルちゃんは寄宿学校に行く話があるらしい。ラブコメ始まったな。

 

寄宿学校の玲音ちゃんは結構好みに近いよ。

f:id:nezumitori:20190303143450p:plain

こういうの好きだから、白雪千夜ちゃんもCu以外なら、すっごくすこになってたと思うよ。というか、まだよく知らんから現在進行系でイベント走ってるんですけど。

7年(8年?)の壁越えて茄子超えワンチャンあるかもだよ! #そんなものはない

寄宿学校のジュリエット(12) (講談社コミックス)

寄宿学校のジュリエット(12) (講談社コミックス)

 

この本(お父様の蔵書)によると、寄宿学校とは恐ろしい先生、厳格な寮長、意地悪ないじめっ子がいて、転入生はいじめられるらしい。

 

……いじめっ子はいじめるからこそいじめっ子なのでは?

いじめないいじめっ子なんてアイデンティティがクライシスで、百合子のほっぺむにーなのでは?

 

オラそんな学校嫌だーとなぜいまさら学校に入れるのか考え始めるシャルちゃん。

  • お父様が帰ってきたからお母様は私を追い出そうとしているんだわ!

シャルちゃん視点だとお母様は自分が嫌い。

  • さらに言いなりのウエンズデイとフライデイにも暇を出されるんだわ!すこしも悪くないのに!

仮にやめさせるとしたら、原因を作ったのシャルちゃんだもんね。

  • 私達でお母様を止めなきゃ!

でも実行できるのシャルちゃんしかいないじゃん?

  • お母様のお茶の時間にお茶に鈴蘭の毒を混ぜましょう。

ノルマ達成。意外と物騒な童話モチーフだし、怪しさ満載シャーロットが仕掛けてきました。

kurashi-no.jp

 

 ということでお母様にお茶を淹れますが、「震えてるよ」と指摘されます。これは…コミュで社長が麻雀やっていたのが伏線!寄宿学校編では氷のシャルロットとして、裏社会に君臨するんだわ!

 

そんな感じで。シャルロットとお母様はここでちゃんとした会話をします。

鈴蘭の毒といわれた小瓶は香水でした。首飾りにして渡されます。さも混ぜても大丈夫風に言ってますが、香水って飲んでも大丈夫なんですか?

ここでミラージュミラーが流れます。

シャルロット、あなたに私は必要ない。此処から先はあなた一人で生きてゆくのよ…。ということでシャーロットが消えます。急展開。

最後の言葉は「お母様の顔は思い出せた?」という意味深なもの。

 

時は流れ、寄宿学校に行く日。だけどシャルちゃんおままごと。

お母様(義母)からお母様の形見のティーセットをいただき、これからも私達はお友達よ…。で終了。

 

エンディング

  • 真美「不思議なお話だったねー」
  • 亜美&我「途中で頭がこんがらがってきたよー」 
  • 貴音「美しい物語でした」
  • エミリー「少し悲しくなった」
  • まつり「お話ではお別れになったけど、アイドルになればずっと一緒にいられるのです!」

まつりにトドメを刺された。(よくわからなくなった)

 

感想

ということで不意打ち気味に難解な話が飛んできた。

特撮、青春、童話。なんでもござれのPrさん。既定路線のFaもAnもぶっとばせ!コンセプトは双子のお姫様?なにそれ。

とりあえずシャーロットは実在しないってことでいいんだよね。しかも姉妹というよりは母親感が出てたんだけど、ドラマのオーダーどうなってんの。

 

とりあえず、

  1. お父様の本とメイドの授業だけで知識を得ているお嬢様がいました。
  2. おままごと中、不思議な少女が現れた。だけど一般的な教養がないから鏡の中にいることを不思議に思わない。
  3. 不思議な少女が現れた後は、調子が良くなったり、禁じられた外出をしたり、毒盛ろうとしたり、謎の度胸がつく。
  4. お母様に毒盛らなかった後に即消滅。

なんやいね。あんた何しに来たん。

 

仲の悪いお母様との会話のあとで現れて、お母様と会話した後(別に嫌われていないと認識した後)消滅したから、シャルロットの中の弱い部分とかいうのこれ。その割には「お母様のことは覚えている?」とかやたら母親を推してきたけど?

ああ深いところで、母親のことを求めていたのか。母親の形見の前で現れてたし。義母との問題がなくなったから消えたのか。ホントかな。

このままだと寄宿学校でやべーやつ扱いされそうで心配なんですが。まつり論では「大人になった」らしいので大丈夫か。ホントかな。

スズランの瓶は自分で用意して自分で首につけてるんだろうけど、どうやって用意したんだろうか。とりあえずテーマは「少女の成長」みたいな?

 

ほか考え事。

  • 不自然にシャーロットと出会った翌日にシャルロットの調子が良くなったから、何かしらから精気を奪ってるんじゃないかとか考えるよね。
  • 分からなくなりすぎて、ウエンズデイ、フライデイという名前になにか意味を求め始めるよね。
  • 実母からもらった水色のドレスは平和や安全を意味するらしい。 関係なさそう。
  • メイドさんの授業で出た、「つづりを間違えると全く別の言葉になる」は伏線ではなさそう。
  • 聖母様の顔はお母様みたい、でもお顔は覚えていない。も伏線かと思った。つまりシャーロットみたいではない=シャーロットはお母様じゃないんでしょう?
  • 日暮れまで時間があるから休みましょうはまぁ話に関わってきた。知りたいことには関係ないけど。

まぁみんな大好きキャスト名≠役名だけど、Pr不人気な感じするから、あんま考察とかでないんだろうなぁ。いい題材なのに(デレステ片手間に感想記事書いている奴の感想)。

これだと考察か。

 

感想。 

どこぞの設定資料あって、結構方針はしっかりしているはずなのに、CDではごく一部しか明かしていないせいで消化不良なFaとは違い、全部出しきっていた良作MTG感想はいつもこんな感じだな。Prのときいつもべた褒めしてるな。担当びいきだねー。相性だねー。

 

ながらで書いているから、いつも以上に感想が思いつかない。真乃…めぐる…!

MTGといえば、ユニオンエアの演出が楽しみである。感謝祭みたいなことしてくれるんですよね!Pr両日現地万歳。

あとは、曲の感想。視点がまつりとエミリー、キャラごとになってる感じが良い。ドラマキャラに対する感情移入もまつりとエミリー逆なのも良い。ミラーとはそういうことなのか。ドラマ踏襲するからMTG好き。

 

最後に。

今作の貴音出演により、かねてより懸念していたPr−Fa不仲説解消。

でもFa側にPr出てないからなぁ。シュワシュワするのかなぁ?

公式でPr、Fa、An、ASと13人×4タイプで分けているから、ASはノーカウントだよというのなら不仲説継続。というか、ASノーカウントならCleaskyの真もなくなるので、Prは他所にアイドル貸さないor出演料がお高いところになる。独立国家Pr。

それでもトゥインクルリズムでひなた出たから、ひなたとASパイセンはPrドラマ通行手形を持ってるのかもしれない。むしろひなたはPrかもしれない。だってひなたはプリンセス?

 

以上。

文体とか大丈夫かな?

 

余談

今の所ASカテゴリでは、

が登場。これであってるはず。少なくとも雪歩は出ていない

 

ということで残りは、

の3人。

タイプ別で出演というわけでもなさそうなので、どこに出るかわわからない。Wあさくらもとい、雪歩は星梨花と共演する可能性もある。なんとなくやよいは桃子パイセンのところで出そうな感じする。

 

というか残りの3人にはスリーブのイメージがある。遠回しにヴァイスの販促しているのかもしれない

 

更に外れると、雪歩スリーブはこんな感じ。 

 

簡単に調べてみたら、5種類でてた。増えたな。Vol.396は使ってた覚えがあるなぁ…。あの頃少なかったなぁ…。2012年っていつの話なんだろ…。

周りにミリオン&TCGのお友達とかいないからヴァイスは買ってないんだけどね。昔やったことはあるけど。 

 

ちなみに同時進行してたデレステの方は、

f:id:nezumitori:20190303135702p:plainf:id:nezumitori:20190303135708p:plain

放置編成テンプレ調べてみたけど、コンボサポ(NGやNWのSSR)2人+トリコロールアビリティ+ダメガ+回復系(スコアアップ付き)がいいらしい。

トリコロールシナジーの代わりに回復SSR選ぶと落ちない代わりにスコアAになってしまう。難しいですね。

f:id:nezumitori:20190303135717p:plain

 

そしてここまでで 、

イベコミュ全開放。

新規片方の親愛度MAX。

 即特訓。よくここまでたどり着けたわ。ちょっと褒めてくれる?



今回の曲

だってあなたはプリンセス 

THE IDOLM@STER MILLION THE@TER GENERATION 14 Charlotte・Charlotte(特典なし)

THE IDOLM@STER MILLION THE@TER GENERATION 14 Charlotte・Charlotte(特典なし)

 

 

終わり